あいつとララバイで謎であったユウキのオートバイ!
車種名は GS1000だと言うことがわかりました。

これは楠みちはる先生がインタビューに答えてくれたそうで、
ファンの一人として謎が解け嬉しい気持ちです。
(インタビューして下さったプロの方達ありがとうございます。)



あいつとララバイ18010
(あいつとララバイ18巻より)


数十年のモヤモヤがなくなり心がスッとしています。

実は僕の勝手な予想だと ユウキのオートバイは
KAWASAKI  Z550GP だったのですが、外れました。
なぜそう予想したかというと、ちょっと前置きが
あるのですが



東京のオートバイ屋さん?でAnimal Bost と言うお店が
あるのですが、そこのお店が凄くお洒落さん なんです!


お店の作りもお洒落ですし、お店に置かれてる車両もお洒落
そこのメンバーが1人1人がかなりのお洒落センスの持ち主で、

昔雑誌に取り上げられるぐらいのお洒落ぶりなんです。
(しつこいですね
お洒落だけでなく、もちろん技術も最高です。


確かその中の1人が昔Z400LTDに乗っていたらしく
 Z400FX のガソリンタンクを着け セパハンを逆にして
取り付け乗り回していたそうです。
(想像ではチョイ鬼ハン)



その記事を読み その形に囚われない発想に衝撃を受け
感動したのを覚えています。

記事からオートバイを想像するだけで興奮しちゃいます。

僕の中で ユウキ は、カナリの お洒落さんはのイメージがあり
あいつとララバイ18013
(あいつとララバイ18巻より)

そんなイメージが重なり合い、ユウキはチョット変わった事を
するのではと考えました。




僕の中でユウキのオートバイはノーマルからリヤが1本サスの
Z550GP をベースに Z400FX の外装やメーターを取り付けたのでは
無いかと考えました。
(すんなり取り付けられるかわかりません)

そこからボアアップで、排気量を上げていたら 研二くんの 750RS
とストレートでもいい勝負をするのでは
(610ccぐらいまでいけるのでしょうか?)

そんな発想も面白いだろうな〜と思っていたのですが! 外れました。
(そこは残念です)(笑)

以前 楠みちはる先生の愛車の1台 Z750FX も外装が
750RS でした。

作品中 研二くんも逆に Z750FX の外装にした事が
ありました。

こんな楽しみ方の出来るノリが最高です。お洒落です。
(笑顔)



あいつとララバイ31 036
(あいつとララバイ31巻より)







でもGS1000の外装を 綺麗な赤で塗装し、白い星のマーク!
それにセパハン、集合、バックステップ、ユニトラックサスなど
かなりのカスタムがされている車両を見たら、衝撃を
受けそうそうです!

お洒落発信基地の原宿で過ごす ユウキ の、お洒落具合も
ハンパじゃないですね!




 あいつとララバイ18021
(あいつとララバイ18巻より)




謎であったユウキのオートバイの車種名は判明したのですが、
僕の中で北海道編には  もう1つ謎があります。

それはコミック18巻でのこの場面 研二くんが 赤木洸一を見て
誰かに似ていると思うシーンです。



あいつとララバイ18017
(あいつとララバイ18巻より)





この時点では研二くんは赤木洸一が 元原宿テディボーイズの
リーダーだった事も、死神ライダーと言われ マッハ750に
乗っている事は知りませんが、その事実を知った後も
特に何か思い出すようなシーンはありませんでした。






あいつとララバイ18049
(あいつとララバイ18巻より)




この事は有名なバイクチームや、有名な人物である事を、情報として
個人的に知っていたわけではないようです。

では何故このようなシーンがあったのでしょうか?


赤木洸一が容姿が普通の好青年に扮していましたが、研二くんの
知る不良少年の匂い?を赤木の横顔から感じとったのでしょうか?




ここでまた勝手な解釈で考えたのですが赤木は以前、研二くんの
住む横浜の隣 東京の原宿に住んでいました。
横浜に出かけた赤木を研二くんは、見かけたのではないでしょうか
そう思わせる場面もあり、見かけるキッカケを作ったのが

あいつとララバイ18016
(あいつとララバイ18巻より)




関東一の走り屋であり、本牧ベイカーズストリート リーダー
沢木竜一ではないでしょうか



あいつとララバイ1385
(あいつとララバイ13巻より)



赤木は原宿を拠点にするスピードを意識したチームのリーダー
沢木は関東一と言われた走り屋。



横浜の街だけで関東一では 井の中の蛙みたいなので、やはり
東京でも何らかの接点、もしくはバイク勝負をしていても
おかしくないように思えます。



沢木竜一の周りにはいろんな人間が集まっそうです。
そのほとんどが、かなりのワルと呼ばれる人ばかりだったそうですが
中には純粋に沢木の魅力に惹かれ、憧れる者や共鳴する同年代も
いたのではないでしょうか。

あいつとララバイ1390
(あいつとララバイ13巻より)


話の中でも沢木を通し、研二くんは相沢理恵にあっています。
人脈のある沢木ならではですね。



あいつとララバイ1389
(あいつとララバイ13巻より)




沢木に会いに来た赤木を、偶然 研二くんが見かける
そんな場面があったのではないでしょうか。

赤木は猟銃を使用していたので、年齢的に20歳は迎えていると
思われます。

研二くんが中学3年生の時に知り合った沢木も、学生服を着ていた
場面があり 高校生であったと思われます。


その時点で高校3年生だったと考え 警察に捕まり2年経過している
事を計算に入れますと、沢木の年齢も20歳ぐらいを迎えていると
考えられます。


同年代が同時期にオートバイで有名になり、情報が入れば
会ってみたいのでは ないでしょうか。

関東一の走り屋の因明ですから、オートバイの勝負では
沢木に軍配が上がるのでしょうか?

チーム1速い 赤木も唯一勝てなかったのが沢木竜一だった
なんて、おかしくない流れですね。

研二くんの知り合う以前に、黒い750RSと赤いマッハ750が
勝負していた話があったら、最高に面白いと思うのですが。

どうにか なりませんか?楠みちはる先生!!