島田ヒロシ 横浜キャッツのリーダー

あいつとララバイ1353
(あいつとララバイ13巻より)

横浜でもっとも有名な暴走族グループ横浜キャッツのリーダー

グループメンバーが研二くんを襲った事がキッカケで、
バイク勝負をし以後研二くんの友人になります。



作品の中で登場するシブいヤツと言えばヒロシ!!
それぐらい男前です。
友美ちゃんを人質にした張本人ですが、後半は友美ちゃんとも
仲良くなります。

研二くんより年上(1つぐらい)で大人の活躍をします。


ヒロシのバイクは当初 Z750改と紹介されています。
Z750て、Z750フォアの事かな?

あいつとララバイ1355
(あいつとララバイ13巻より)

確かにそう見えなくはないのですが、Z750FXの3型に見えます。
でもフロントキャリパーがフォークの前に付いていますね。

あいつとララバイ1129
(あいつとララバイ11巻より)

こちらは、角目のライトが付いているので、Z750GPかな?
僕はこの印象が強くヒロシのバイクはZ750GPだと思っていました。


あいつとララバイ21
(あいつとララバイ21巻より)

暴走族を卒業後、普段はトラックのターボ付きに乗っています。
雰囲気がシャコタンブギのジュンちゃんですね。シブい!!


あいつとララバイ17080
(あいつとララバイ17巻より)

怖いもの知らずのヒロシは、堂々と警官の前から護送車を
盗んでいきます。
この警官がワイルド7の飛葉ちゃんだったら、ショットガンで
撃ち抜かれているところでしょうね!



あいつとララバイ0346

(あいつとララバイ3巻より)

ちなみにヒロシと対決の際の研二くんの750RS タイヤがピレリ
ファントムを履いていますね。

僕が子供の頃は、ピレリ ファントムは凄い高性能タイヤで、先輩達が
欲しくても値段が高くて買えなかったタイヤだと教わりました。
本当かどうか わかりませんが、滑らせて曲がるタイヤ!と聞き

高性能なのに滑るの?と疑問はありましたが、タイヤパテーンが
今でもカッコイイと思うタイヤです。






ヒロシがリーダーを務める横浜キャッツは、総勢約100人の
暴走族グループです。


皆 喧嘩慣れし不利な抗争でも怯むことのないメンバーが揃っていて
横浜では一番のグループと言われています。

(漫画ですので、真似をしないように)
あいつとララバイ14405
(あいつとララバイ14巻より)

あいつとララバイ1351 2
(あいつとララバイ13巻より)

グループのメンバーも様々で、ロックな出で立ちの人物もいれば
危ない ぶっ飛んだ出で立ちの人もいます。








その中でも特徴的なのが、横浜キャッツのサブリーダーの和では
ないでしょうか?
眼帯?がトレードマークで、ヒロシとは違った危なさを醸し出して
います。

街中で遭遇したら僕は逃げます(笑)黒い眼帯している不良なんて
かなり、ぶっ飛んでいると思います。
愛と誠の砂土谷峻 以来です。

あいつとララバイ1351

(あいつとララバイ13巻より)

和は常にナンバー2の座にいます。
ヒロシが特攻隊長の時には 和は副隊長を務めていたそうです。
ヒロシとは仲が良く、いつも陰でグループを支えてきた存在なのでは
ないでしょうか?

ナンバー2ってなんかカッコイイと僕は思います。
僕はゴレンジャーだとアカレンジャーより、アオレンジャーの方が好きです。

結構ナンバー2の座が好きな男性も多いのではないでしょうか?
きっと蓮舫議員も喜ぶと思います!





和は自分の立場を考えチームメンバーから、接しやすい性格を
演じているのかもしれません。

後輩と思われる少年から、冗談まじりの質問を気軽に問いかけられる
環境を与えているようにも見えます。


あいつとララバイ1353 2
(あいつとララバイ13巻より)
あいつとララバイ1353
(あいつとララバイ13巻より)

話の内容が冗談では済まされませんね!




ちょっと気になるのがこの眼帯、ファッションなのか?
それとも不自由でいらっしゃるのか?

眼帯が一度だけ外れるシーンがあります。
画像からでは判断できませんが、ファッションではないかと
僕は思います。



あいつとララバイ0316
(あいつとララバイ3巻より)



暴走行為をしなければ、楽しそうな連中なのが残念です。
あいつとララバイ1352
(あいつとララバイ13巻より)




あいつとララバイ3巻【電子書籍】[ 楠みちはる ]
あいつとララバイ3巻【電子書籍】[ 楠みちはる ]